<   2008年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

ダメバイクの勧め

すっかりセローのブログと化してますが、朽ち果てるまでセローネタだけで続けてみることにします。

で、タイトルの通り今回は「ダメバイクの良いところ、悪いところ」を挙げてみることにしましょう。

 まずは良いところ

・まずは何と言っても車両代を含めたランニングコストの安さ。
  GP210は一体何年持つんだろうw
  
・頑張れば乗りこなせるんじゃないかと思える適度なパワー

・足回りがグニャングニャンなので自然と丁寧に乗るようになる。

・更に、バイクの挙動がめちゃくちゃ分かりやすいのでライテクの基本に戻れる。

・セッティングに悩む余地はないwので走りに集中できる。

・実は結構コーナーリング性能は高いので、頑張って走ったらかなり気持ち悪がられる。

・よって個人的には速いバイクで頑張るよりも目立てます(゜∀゜)

・どんな時でも心置きなく投げれる。落とせるw

・もちろん盗難の心配も全くありません。

・万一盗まれても諦めがつきそうw
etc・・・


次に悪いところを挙げてみましょう。

・ださいw

・汚い

・走りに於いて適当なところで妥協しないと結果的に高くつく・・・(汗

・金属疲労や経年劣化と言う言葉が切実だw

・乗りっぱなしでOKと思われがちだが実際はちゃんと見ておかないと命が危ないw

・街中で純モタード車と並ぶとちょっと引け目を感じる

・でも、なんちゃってモタードなんだからコレでいいのだw

こんなもんでしょうか。

セローは特にホイールベースの短さが効いてカートコースを走ると思ったよりも楽しいです。
車体も小さいのでミニバイク的な感じで走れます。
ホンダ系ダメバイクについてはチームXLRの人に聞いてくださいw

ここでダメバイクに強いショップも紹介しておきましょう
社長自らディグリーで走ってらっしゃったのでダメバイクの愉しみ方は心得てはります。

ご存知グライドライド
さんw


さぁ、あなたもダメバイクの世界へщ(゚▽゚щ)
[PR]

  by so16-sps | 2008-03-24 18:22

あげます。

d0015779_14204784.jpg

セローの19インチ化に何の問題も起きなかったのでノーマル21インチホイールにはブロックタイヤを履かせました。
で、そのノーマルホイールに履かせてた21インチのGP210が要らなくなりましたので欲しい人が居たらあげます。

さぁ、なんちゃってモタードの世界へ!w
[PR]

  by SO16-SPS | 2008-03-19 14:20

行ってきましたレアル1オールスターズw

昨晩一生懸命書いた内容が一瞬で消えてしまって自暴自棄になりかけてるSOです・・・orz

気を取り直して書き直します。

と言う訳でレアル1in琵琶湖SLに参戦して来ました。
今回、フロント19インチでの初走行&今年の走り初めと言う状況でしたが中々どうしてかなり楽しめましたよ(゜∀゜)
4ヶ月振りに袖を通すツナギがちょっときつかったのは気にしない気にしない(汗

いつも通りエキサイトクラスにエントリーしたんですが、今回は周りがほんとにエキサイトです(;´Д`)

「いくら何でも今回はこのクラスで走るのまずいんじゃね?」
・・・と弱気になって主催者Kさんにクラス替えを直訴するも即刻却下されましたw

「こうなったらいっちょやったろぅやないの」

moto1オールスターな方々とセローで一緒に走れる機会なんてそうはない(当たり前w)ので開き直って頑張ります。

まずは練習走行ですね。
d0015779_9101923.jpg
心配していたバンク角ですが、これが全く問題なくてガンガン行けますよ(・∀・)
つかめっちゃ曲がるやん、これ!

SB@りんぐ号を追いかけーの
ぶつかりそうになりーのw

3回目の琵琶湖なのでちょっとは慣れて来たけども、相変らず最終コーナーが遅いです。

ラインを変えたりするものの中々思うように走れません。
2速だと吹け切り3速だと立ち上がりが遅くなる・・・みたいな。。

そうこうしていると右や左からエライ勢いでmoto1車両が抜いて行きます。

気分はまるでF1のテスト走行に混ざって走るKトラww

あっと言う間に練習走行は終わりました。

「ヒートレースでなんとしてもAクラス入りを狙いたい!」

「でもどう考えても今回は無理だろ・・・」

とか考えつつタイムアタックに入ります。

こけないように慎重にかつ大胆に攻め込みます。
d0015779_9371029.jpg
前を走るRM125の選手をがむしゃらに追いかける
抜けそで抜けない最終コーナー

結局そのままの状態でタイムアタック終了~

で、結果

Aクラスの14台に入りましたよ!(パチパチ)
当然14位ですがw

レース的にはBクラスポールの方が良かったけど、ネタ的にはこれで良しです(何?w

なんちゃってモタードなセローの周りは完全にモタード車(当たり前かw)
つかほとんどがバリバリのレーサーですやん。

「絶対何台か喰ってやる!」

と無謀なことを考えてヒート1スタート!

シグナル消灯→スタートッ!

はい、失敗(;´Д`)

当然最下位のままダートに進入

目の前にはまたあのRM125

何とか離されないように喰らい付きます
d0015779_9481558.jpg

しばらく周回を重ねていると何かおかしいのに気付きます。

明らかに遅くなってますよ、セローΣ(゚Д゚)ガーン

「熱ダレ?もしかして壊れるの?(汗)」

前を走るRMが少しづつ離れて行きます。

「もうダメか・・・」

と思って最終コーナーを立ち上がったらエライ勢いで抜いて行くマシンが2台。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

’06moto1ASチャンプのyassy選手のハスク450RRとジョーズ増田選手のYZ450です

 「有り得んwwww」

でも、この瞬間何かが弾けましたヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

もうセローに乗ってることなんか忘れて追っかけます。

d0015779_105631.jpg
マシンなんて関係なしで、同じレースを走ってる以上あそこは行かなあかんでしょ、やっぱ。

1コーナーからダート進入までワイヤー千切れる位全開w
ダート出口付近で何とジョーズ選手の背中が近付きます

「えっ?うそっ?まさか・・・」

と思ったのも束の間、彼らダート出てからも全くスピード落ちないでやんのwww

当然私は普通に失速し、ゲームオーバー

「今日はこの位にしとったろ、束の間ええ夢見させてもらったぜ」

とか思いつつwその後しばらく走ってると何か変わった音が後ろから聞こえて来ます。

「この音は?まさか・・・」

そう、アプリリア450SXVを駆るRYUTA選手に煽られてますよ、オレww

300万のマシンに煽られてる2万5千円のセロー・・・みたいな

でも絶対譲りません。

だってレアルだもんww

最終コーナーを立ち上がって物凄い勢いで抜かれた瞬間チェッカーでした。

気分的には4位ですww

でもやっぱ結果は14位、そう最下位でした。
d0015779_11184040.jpg
「燃え尽きた・・・」

ヒート2はBクラス降格でやっぱRMを抜けずにダラダラと終わりました。

今回とても貴重な経験が出来たものの、ロックオンしたマシンを抜けなかったり最終コーナーを攻略出来なかったりでレース内容は満足してません。

セローは頑張って走ってくれたけど、速い人が乗ればまだまだ速く走れるはずなのでもうしばらくこいつで走りたいと思います。

まだまだ限界まで使えていませんからね。

セローに乗ると「バイクってバランスで走る乗り物なんだなぁ・・・」ってつくづく思います。
ぼよんぼよんのサスやグニャグニャのフレーム、効かないブレーキ・・・とどれをとっても低性能なマシンだけどそこそこ走れてしまう懐の広さ。

何とか乗りこなせるんじゃ?と言う気持ちで乗れるからいいんでしょうね。
あと、無茶しても不思議と怖くないんですよ、セローって。
車高の低さと適度なパワーがポイントですね。

おっかなビックリKTMに乗るのも楽しいけども、これはこれでスゲー楽しいマシンです。

「テールバックにデータロガーを積んでいる」とか「1コーナーのブラックマークがGP210のパターンだったw」とか聞こえて来ましたが、んな訳ないしww

でも、ちょっとでもイベントが盛り上がったのなら嬉しいです(゚∀゚)


最後になりましたがスタッフの皆さん、エントラントの皆さん、観戦された皆さんお疲れ様でした!
画像はフミくんから頂きました。どうもおおきにです。

あっ、次回名阪でのレースまでにちょっとだけ触りますょ(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ
[PR]

  by so16-sps | 2008-03-12 10:48

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE